271120pic

ふと思い出しましたので書いてみました。



顕正会員が会員を増やすために行う勧誘行為を会内では「折伏[しゃくぶく](破折屈服の意味)」と呼んでいますが、

今回はその折伏の失敗例・つまり勧誘しても拒絶されて入信に至らなかったケースである「逆縁」について思いついた事をまとめてみました。

救世主(?)チャラ男くん

今から10年程前の事です。私の活動地域は全盛期は全国に先駆けて会館が建つ程勢いがある地域だったのですが、

その頃には、爆発的な弘通が出来ない状況が続いていました。

そこに一人の救世主(?)が!

20歳そこそこの若くてチャラい茶髪くんが女子部から引き継がれてから一気に活気づいてきました。

彼は見た目とは裏腹に仏法に対して非常に前向きで友達も多かった為、凄まじい勢いで折伏を展開しあっという間に支隊長にまで上り詰めました。

問題の折伏

そんなある日、彼の同級生であり顕正会組織としては部下に当たるS班長が折伏の段取りを取りました。

日曜日の昼過ぎだったと思います。

いつもの調子でその支隊長とS班長が約束を取り付けた同級生と待ち合わせ場所で会い、久しぶりの再開を装って話を盛り上げ一気に仏法の感激に繋げたそうです。

顕正会の二人は見た目はチャラ過ぎる感じでしたがそこは顕正会らしく日曜なのに黒スーツでした。まるでホストのようでした。

そこに挟まれ、気の弱そうな折伏対象者は会館近くのコンビニまで一緒に歩いてきました。

顕正会員二人は内心「やったぜ!(折伏成果)1名はもらった!!」と喜んでいたそうです。

しかし、その対象者は急にコンビニに入店し慌てて買い物を済ませ、出てきた時には物凄い形相で二人の前に立ちふさがり、

「親がダメって言ってるから絶対に入信はしない。宗教には連れて行くな!」とコンビニで購入したカッターナイフ片手に叫んでいました。

二人はあまりの事に動揺していましたが、対象者はその隙に携帯で親に連絡し、母親が迎えにくる形で事無きを得ました。

励ましの隊長とその後の行方

その後、その二人の上長である隊長と駐車場でミーティングとなり、その席で

隊長「二人の信心が本物だからそれを試そうと、対象者に魔が入っただけ、ここからさらにガンガン行こう!」

と励ましておりましたが、二人は一旦は納得したもののやはり躊躇があったらしく以前の勢いは消えてしまいました。

その後しばらくはそのままの役職でそこそこの成果をあげていたのですが、その時の隊長が退いたと同時にその二人も脱会しました。

まとめ

結果的に、脱会できた事は彼らのその後の人生から考えて良かったと思います。

しかし、もしあの時警察沙汰になっていたら・・・

今回の東京見物を装った顕正会員逮捕事件のように、将来ある若者が前科持ちとなり、顕正会の駒として使い捨てられるような生き方になっていたかもしれません。

ちなみにその後、私が脱会するまでに一度、元・支隊長のチャラ男くんに会った事がありますが、とても生き生きとしていました。

元々の人間らしい人生に戻れてよかったと本当に思います。

 

ではまた

関連記事

顕正会員の心の闇に効く!前向き思考「マインド」の予想外の効用とは

もしもサンシャイン池崎が折伏成果発表したら

もしもブルゾンちえみが顕正会員だったら

清水富美加にみる新興宗教二世の苦悩と共通点

お金がかからない宗教=正しい とは限らない

食事の重要性と扶養茶寮の関係

コメント

  1. おーい刑事君

    おとなしい気弱な人にガンガンやるのは 常套手段ですね。カッターまで持ち出させるとは気の毒です。 勧誘者 対象者どちらにも変な思い出しか残りませんし。退転しそうな人の家にアポなし訪問するのを武勇伝にしてますし、年末供養の金額や新聞年間購読の数も幹部どうしで自慢しあってますし。感覚が異常です。

    • takacho
      takacho 作成者

      おーい刑事君様

      コメントありがとうございます!
      折伏自体も何の得にもならない無意味な行為なら、それに巻き込まれた対象者も本当に無意味ですし、ただ単にマイナスな思い出にしかなりませんもんねー。。。
      仰る通り、幹部自体が「騙されている自慢」しているようなものですよね、不憫な人達ですよね

  2. あまみ

    日々色々なかたのブログなど読みながら、当時の事を自分の中で消化しています。幹部は大抵、魔が妨害してるとか言いますね。そうなのか、と納得してましたが普通に考えて強引なやり方で押し通す行為は、犯罪になりかねませんよね(-。-;

    • takacho
      takacho 作成者

      あまみ様

      コメントありがとうございます!
      他の顕正会脱会者の方々のブログは共感できる部分が非常に多いですよね。そうですね、活動している時はすべて顕正会の都合のいいようにすり替えられ、犯罪スレスレの事を誰もがさせられていたように思いますね。
      その先にあるものは、顕正会員が憧れる素晴らしい仏国なんかではなく、唯の浅井教の拡大でしかない事を今になって痛感致します(;´д`)トホホ…

  3. ユー君

    お~いtakachoさ~ん。

    最近ブログの更新がないですが、ケンショー会に戻った訳ではないですよね❔❔❔❔❔❔❔
    それとも晴れて日蓮正宗で御受戒を受けたのかな❗

    ブログを見てる人は心配していると思いますよ。

    • takacho
      takacho 作成者

      ユー君様

      コメントありがとうございます!
      安心してください、ケンショーに戻ったわけではありませんよ!御受戒を受けたわけでもありません。他の顕正会関連以外のサイトの立ち上げや、リアルの方でも新居の手続き等色々と忙しい日々が続いておりなかなか更新出来ずにおりました(^_^;)
      近々また更新しますのでご期待下さい!(゚∀゚)b

  4. ユー君

    かなり忙しい日々を送っているみたいですね。

    大変そうですが、これからも楽しみにしています(^.^)

    • takacho
      takacho 作成者

      ユー君様

      コメントありがとうございます!
      そうですね、12月前半はかなりバタバタしていて忙しい日が続きそうです><
      ありがとうございます!頑張ります!!!(´ω`)b

  5. pikon

    takachoさん、初めまして。pikonともうします。

    僕もかつて、一年ほどこの団体に所属していました。自分は実家が日蓮系(顕本法華宗)の為あの題目には慣れ親しんでいて、また小さい頃は父に連れられいろんな寺の行事や神社の祈祷に参加していました。

    その為、この団体も父親に連れられた物と一緒なのかと思い、着いて行ってしまったんです。また、その時はバイトが決まらずに行き詰まった感じがしていました。

    ですが次第にこの団体のやり方にズレや矛盾。疑問を感じるようになり、いつの間にか信仰心は失せていました。それで専門機関の支援を受けながら脱会をしました。

    今となっては「なんてバカな事をしていたんだろう…」とただ後悔の念でいっぱいです。ですが後悔しても始まらないので、自分の人生を取り戻す方法を模索しています。

    また自分のこの体験と向き合うために、この経験を題材にした小説を書こうと考えています。

    • takacho
      takacho 作成者

      pikon様

      コメントありがとうございます!返信が遅れて申し訳ありません。
      顕正会に1年ほど所属されていたとの事ですが、脱会できて本当によかったですね!
      自分の人生を浅井一族にささげて仏様とは全く無縁の無意味な時間を過ごしてしまっている現役会員が不憫でなりません。
      pikon様が小説を書くことによってご自身の過去と向き合い、また現役活動被害者を食い止める一助になればとても素晴らしい事だと思います!

  6. 佐渡御書

    これはさてをきぬ。日蓮を信ずるやうなりし者どもが、

    日蓮がか(斯)くなれば疑ををこして、法華経をすつるのみならず、かへりて日蓮を教訓して、我賢(かしこ)しと思はん僻人(びゃくにん) 等が、念仏者よりも久しく阿鼻地獄にあらん事、不便(ふびん)とも申す計(ばか)りなし。

    修羅が、仏は十八界、我は十九界と云ひ、外道が云く、仏は一究竟道(くきょうどう)、我は九十五究竟道と云いしが如く、

    日蓮御房は師匠にておはせども余りにこは(剛)し。我等はやは(柔)らかに法華経を弘むべし

    と云わんは、螢火(ほたるび)が日月をわらひ、蟻塚が華山(かざん)を下(くだ)し、井江(せいこう)が河海をあなづり、烏鵲(かささぎ)が鸞鳳(らんほう)をわらふなるべし、わらふなるべし。

    • takacho
      takacho 作成者

      佐渡御書様

      コメントありがとうございます。
      よろしければ、この記事に対するコメントとして佐渡御書を選ばればポイントと引用箇所の解説をお願い致します。

  7. けんけん

    顕正新聞のバックナンバーです。
    あまり古いものではありませんが、参考にはなるかと思います。

    • takacho
      takacho 作成者

      けんけん様

      コメント&情報ありがとうございます!
      顕正新聞のバックナンバーがネットに掲載されているとは・・・!時代の変化ですねー!
      現役顕正会員時代には想像もしませんでしたよ^^;

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。