photo-1441260038675-7329ab4cc264

ここ一年半で実感している事です。


脅しかける顕正会員

顕正会員の方は脱会者に対して「顕正会を辞めると罰が出る!」「浅井センセーに背くと生活が行き詰まる!」と脅しますが

実際はどうなのでしょう?

今回は、そういった観点から私自身が脱会してから感じた事をまとめてみました。

脱会後の生活の変化

ノルマに追われるストレスが無くなる。

顕正会員の時は毎週「報告」する義務があります。

報告の為に活動して結果を出さなければなりません。

もちろん結果=ゼロの報告をするとこっぴどく怒られます。

よって日々ノルマに追われるように活動しておりましたが

辞めてからはそのようなストレスは一切になくなりました。

正しい知識を得る事ができる。

顕正会ではインターネットは「便所の落書き」と呼ばれ

宗門の方が述べられる御書を元にした正しい教学ですら「魔が入る」とか「罪障を積む」と言ってまともに受け入れません。

辞めてからは真実を知り得る事が出来ました。

自分自身のプライベートな時間が増える。

平日は仕事後から、休日は丸一日潰して活動しておりました。

辞めてからは人間的で健康的な時間の使い方が出来ております。

趣味を満喫できる。

顕正会では趣味に没頭する事を「煩悩障」と呼び忌み嫌います。

辞めてからはブログ更新、ドローン操縦、楽器演奏、ジョギング、ジムトレーニング、絵画鑑賞、カフェ巡り等様々な趣味を満喫出来ております。

教養を深める事ができる。

顕正会では主に浅井会長の著作物で教養を深めるように徹底されておりました。

辞めてからは図書館や本屋で自由に知識教養を深め人間的にも成長出来てきていると思います。

友人関係が良好になる。

顕正会では友人=勧誘対象者です。

常にいつどうやって勧誘するかという事ばかり考えておりました。

辞めてからは心の底から楽しめる友人と、お互いを大切にしながら良い友好関係を築けております。

家族関係が良好になる。

顕正会では同じ信仰をしていない親を罵ったりむりやり入信させようとします。

辞めてからは親の愛情に感謝しお互いに思いやる親子関係になれました。

恋人関係が良好になる。

顕正会では深夜まで活動に没頭せざるを得ない為まともにデートする時間すら取りづらいです。

辞めてからは土日は長距離ドライブやイベントに出かけて幸福な時間を過ごせております。

規則正しい生活が出来る。

顕正会では夜遅く朝早い為、睡眠時間が削られてしまいとても辛い思いをしておりました。

辞めてからは睡眠・運動・食事をバランスよく摂る事ができ生活が規則正しくなりました。

栄養バランスを考えた食生活が送れる。

顕正会では茶寮がない県において専らコンビニ飯やスーパーの安売りやファミレスに頼った食事をしておりました。

茶寮があっても結局顕正会に搾取されるのですが・・・

辞めてからは、自炊したり、親が作る健康食を食べたりして栄養のバランスが取れております。

夢や目標に向かって一直線に努力できる。

顕正会では夢=広宣流布、目標=日々の勧誘ノルマです。

辞めてからは、将来的に他人や地域のための事業を起こす事を目標に日々努力しております。

仕事で認められるようになる。

顕正会では過剰な勧誘行為によって会社側から注意を受けたり同僚から冷ややかな目で見られたりしておりました。

辞めてからは仕事に集中できミスもなくなり信用されるようになりました。

昇給する。

顕正会では上記理由で目立った昇給はしておりませんでした。

辞めてからは今まで以上のプラス手当がもらえるようになりました。

賞与が増える。

顕正会では上記理由で普通の金額の賞与でした。

辞めてからは「会社に貢献している」という理由でプラスのボーナスがもらえるようになりました。

家が建てられる。

顕正会では「家を建てても地震がくるから無駄」と言われておりました。

辞めてからは良い工務店と出会えもうすぐ新居が完成します。

将来を見据えての事業の準備が順調に進む。

顕正会では将来の事など捨てて勧誘活動にのめり込むように指導されておりました。

辞めてからはしっかりと将来を見据えて計画し、同じ志の仲間と共に日々精進出来ております。

【結論】顕正会を辞めても罰は出ない!むしろ幸せになる。

もし現役顕正会員の方の中で、人間らしい幸福な人生を送りたい方はすぐさま顕正会を辞めるべきです。

 

ではまた

関連記事

清水富美加にみる新興宗教二世の苦悩と共通点

お金がかからない宗教=正しい とは限らない

食事の重要性と扶養茶寮の関係

「君の名は」と顕正会の意外な共通点

出来るだけ安全に転職する為に必要なたった1つの方法

人生を取り戻した人が考えるべき仕事についてのあれこれ

コメント

  1. ユー君

    顕正会での活動をやめて、そんなに変わったんですか❗❗

    班長以上だとかなり折伏や指導などに動き回るからなんですね。

    日蓮正宗での信心をもっと頑張りたいと思います。

    • takacho
      takacho 作成者

      ユー君様

      そうですね、時間的拘束がなくなっただけでもだいぶ変わってきましたね!
      正しい信心を頑張ってくださいね!!(´∀`)b

  2. ミカエル

    私も顕正会でした 沢山のやり取りの中で沢山苦しみ傷ついたでもそれは顕正会のせいではなく自分のせいだとおもっています

  3. ゆり

    グレた娘から勧誘され入信したんだけど、正直、仕事まで邪魔されんだよ。その仕事で仰せのまの信心が出来ないとか言われて。
    資格ある立場だからその業界でしか仕事出来ないし、仕事よりも信心優先?柱とするものは仕事ではなく信心だよと。
    実際娘も未入信の変な男につかまり、その男や男の仲間を擁護し、否定すると彼には御本尊様が宿ってるから彼に対して言う否定話は全て誹謗中傷、罰が当たると言われるし。
    信心してながら中学校にもろくに行かない、家庭も荒れてる、しかもかなりの不良な年下の男と付き合いますか?普通。
    有り得ないでしょ?
    しかも一緒になって夜遊びですよ?
    仏事で遅くなる、仏法で知り合った同志の女の子と夜遊びしてドン・キホーテで万引きして、漫画喫茶泊まり…。
    コレが顕正会に縁のなかった家庭にいてグレて当時付き合ってた男の家に数ヶ月いてその家が顕正会家族、折伏され入信してしまった娘の真実です。

  4. 女子部副長

    高一から28歳の今に至るまで、人間関係・お金・時間の全てを顕正会のため犠牲にしてきました。
    青春時代に学校内や地元で折伏しまくっていたため、やがて怨嫉となったため、高校から専門学生時代まで楽しかった想い出なんて何ひとつなし。就職してもそう。
    休日はご奉公と称して動き回るのが当たり前。趣味という趣味もない休日が苦の人生でした。
    最終的に組織のことで不信に思い、先輩に勇気をだして打ち明けると『一生成仏。広宣流布を見つめているならばそんなこと気にならない』との一点張り。
    よくある信心していないと宿命に流されてと。。
    今年7月に隣町に引っ越しましたが、その頃から連絡を一切シカトしていたらなんと知らないはずの私の家を見つけ当てたのです。
    なんて怖い先輩なのか。
    区長や部長たちは探し当てることをとめなかったのでしょうか?
    日に日に顕正会への嫌悪感が増す一方です。
    今日も昼前に何度もインターホン鳴らして。20時ギリギリにまた来て。
    これって警察に相談したらなんらかの対処をしてくれるのでしょうか?
    誰にも相談することが出来ず、長々な上、駄文になってしまい申し訳ありません。。

  5. 女子部副長

    長々と駄文になってしまいますが、一読しただけたら嬉しいです。
    私は女子部で高一から28歳の今に至るまで、顕正会に全てを費やしてきた副長です。
    折伏を頑張ってきた方々なら理解していただけると思いますがもちろん途上、幾多の怨嫉があったため、本来楽しいはずである青春時代の想い出などひとつもなく、また友人関係も今でも交友関係のある人など到底いません。
    休日返上して仕事をしているような義務感はもちろん、ご奉公と称して動き回ることが多いため、寝るために自宅へ帰っていたも同然。
    そして、今年7月に引越すことが決まり、顕正会と距離を置くならこのタイミングを逃すまいと次第と先輩からの連絡をシカトするようになりました。
    するとどうでしょう。活動していたときに引っ越し先のなんとなくの場所、周りに小学校があるとかそんなことを不意に話してしまったため、住所をしらないはずの総班長が引っ越し先へ来たのです。
    これって法的に問題ないことなのでしょうが?
    区長や部長たちは行くことをとめなかったのでしょうか?
    それからというもの私は引っ越してからも気を張りながら自宅へ帰る日々が続き、現在3ヶ月が経ちます。。
    そんなことを思っていたら今日の午前中、インターホンを何度もしつこく鳴らす訪問者。
    ノートの切れ端を破ってポストに投函してきたのですぐあいつだとわかりました。
    もちろん内容は読まないですぐにゴミ箱直行。
    先ほど20時前ギリギリにも来ました。
    精神的にもそろそろ限界なのですが、警察は相談したら動いてくれることってありますか?

    • takacho
      takacho 作成者

      女子部副長さん コメントありがとうございます。

      人生の大切な時期を顕正活動に費やしてしまった無念、とてもよく分かります。
      自分も「あの時もし顕正会員じゃなかったら違っていた」と思う事が多々あります。
      それにしても、総班長の執念には凄まじいものを感じますね。まさに魔の嗅覚と言った感じがします。
      おそらく区長や部長も頭の中には「数字」の事しかありませんから、こちらの常識的な迷惑というものが理解できないのだと思います。
      彼女らは、女子部副長さんが拒否すればするほど「いつか罰が出て気づいてくれる」と勘違いして訪問活動してくると思われます。
      警察にストーカー被害に遭っていると相談する事も大事だとは思いますが、
      上記の通り、総班長達の間違った情熱をさらにヒートアップさせてしまうかもしれません。
      顕正会にとって一番効果的なのは、
      「顕正会を辞めて日蓮正宗に入った」と言い切る事です、顕正会は宗門に対してビビリまくってますからね。
      もしそれに抵抗があるのであれば
      こちらのリンクの顕正会脱会者の記事を読んだ上で
      総班長に記事の内容をぶつけてみるのもいいと思います。
      おそらく二度と来なくなると思いますよ

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。