みんな大好き「もしも~空想シリーズ」です。


スポンサーリンク



恒例の「もしも~空想シリーズ」第四弾はあの国民的有名漫画にスポットを当ててみました!

ではさっそく行ってみましょう!

「誓願比たったの5%ゴミめ」

誓願比たったの5%ゴミめ
出典:集英社「ドラゴンボール」

【解説】地方に配属になった大幹部ラディッツが地元組織の実態を知った直後のセリフ。
誓願比5%という数値は絶対にやらかしちゃいけないレベルなので、ラディッツの内心はビビりまくっています。

「バカな、まだ上昇している」


出典:集英社「ドラゴンボール」

【解説】とある地方大会で現地会員以外(北東北の大会なのに首都圏からも参加とか)の結集人数の増加に驚くギニュー支隊長。
ちなみに会場側が好評している収容人数をなぜか大きく越えた人数を計上してしまうのは顕正会の十八番です。

「私の折伏成果は53万です」


出典:集英社「ドラゴンボール」

【解説】折伏が大爆発したフリーザ部長の一ヶ月の折伏成果です。
53万人も入信したらあっという間に広宣流布達成しそうですね。
なお、その後の結集はなぜかガタ落ちしてしまいます。

「カラダもってくれよ!3倍だ」


出典:集英社「ドラゴンボール」

【解説】フリーザ部の大折伏成果を見て奮起した悟空部長の自己誓願は前月の3倍だそうです。
悟空自身も前代未聞の誓願なのでカラダが壊れるかもしれません。

「4倍だ!」


出典:集英社「ドラゴンボール」

【解説】と思ったけど、実際に発表する瞬間になって「4倍」の数字を叫んじゃった悟空部長。
目標は高い方が良いし!ぶっちゃけ出来ても出来なくても関係ないからね!w

「消えてなくなれー」


出典:集英社「ドラゴンボール」

【解説】無理な誓願を割り振られたナッパ班長の内心です。
ホントは消えてなくなりたいのは自分なのに心を押し殺して今月も勧誘に明け暮れる事でしょう。

「おれは超ベジータだ」


出典:集英社「ドラゴンボール」

【解説】折伏誓願に追い詰められておかしくなり、対象者に対して根拠の無い確信を示しているベジータ副長。
顕正会特有の無敵感は外から見ると異様ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
数字等はもちろん脚色してありますが、
顕正会ではだいたいいつもこんな感じで数字と戦っています。
彼等はいつまで経っても終わらない数字と見栄を追い求めて
これからも自分のカラダに鞭打って動き回る事でしょう。
もしドラゴンボールがあったら一気に目を覚まさせてあげたいですね。

ではまた

スポンサーリンク



関連記事

3,40代の顕正会員が参考にすべき二冊のおしゃれ本

勧誘の受けやすさは幼少期にある?自身を振り返って見えてきたそのルーツとは

顕正会の中国・四国大会を成功させる3つの方法

顕正会で活動した事により得られるメリット

もしも顕正会が学園モノ青春漫画だったら

顕正会員の心の闇に効く!前向き思考「マインド」の予想外の効用とは

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。