photo-1436891678271-9c672565d8f6

顕正活動で忙しい活動家が恋愛するために気をつける事とは!?





上長に報告してはいけない

「顕正会員といっても恋愛は自由」と先輩は言うかもしれません。

しかし実際には「恋人=魔(顕正活動の妨げ)」という考えが蔓延っていますので

うっかり「恋人が出来ました!功徳です!」なんて報告すると

「じゃあ段取り取って折伏しよう」と指導されてしまいます。

お相手が顕正会員の場合

では、恋人も顕正会員の場合はどうなのか?

多くの場合、お互いに顕正活動で連日夜遅くまで活動している為、デートするとなると深夜ドライブもしくはお泊りデートになります。

当然、次の日の仕事や顕正活動もあるわけですからそう頻繁に会う事は出来ません。

私が見てきた限り、同棲→結婚(もしくはできちゃった結婚)というパターンが多かったです。

組織から束縛されて逃げられない境界での恋愛

「いつ、どこで、だれと、どんな形」で出会うのか、

その全てに顔を突っ込んでくる顕正会幹部の方々

指導という形で嫉妬心を満たすのは人としてどうかと思います。




私は現在、顕正会から離れて一年以上経ちますが、

お陰様で日々、自由に時間を使う事が出来、

その余裕も手伝ってか、一周り以上年下の彼女を仲良く交際を続けております。

 

やはり人間、時間的にも精神的にも余裕を持って生きていくのが最も幸せなのではないでしょうか。

ではまた

関連記事

清水富美加にみる新興宗教二世の苦悩と共通点

お金がかからない宗教=正しい とは限らない

食事の重要性と扶養茶寮の関係

「君の名は」と顕正会の意外な共通点

出来るだけ安全に転職する為に必要なたった1つの方法

人生を取り戻した人が考えるべき仕事についてのあれこれ

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。