お金よりも価値のあるものとは何でしょうね。


スポンサーリンク

安価な宗教=安心?

顕正会員が勧誘に使う常套句に「お金がかからないから大丈夫」というものがあります。
なんだかんだ理由をつけて断る相手に、「この宗教は無害ですよ」という印象を付けたいのでしょう。
しかし、この「お金がかからない=正しい宗教」という方程式は果たして成り立つのでしょうか?

かくいう私も、バリ活顕正会員時代にはよく使っていましたw
そして脱会後も事情を知る友人に対して「やめた理由は色々あるけど、お金にはわりとクリーンな宗教だったよ」と話していた時もあります。

友人の言葉によって目が覚めた

しかしその時の友人の反論が衝撃的でした。
「お金よりも時間の方が価値がある。宗教行為に没頭するだけでも交通費、食費、その他細かい出費はあるが、それ以上にそこに自分の人生の残り時間を費やした事自体が最大の無駄遣いだ」

確かにその通りですね。
私が顕正会で費やした16年間という時間は、10代の終わりから30代半ばまでの社会人としての基礎を固める上で非常に重要な期間です。
勧誘行為で職を転々としていなければもっと高収入で貯蓄も出来ていたかもしれません。
活動優先の生活スタイルを強要されていなければ、スキルアップの為に勉強出来ていたかもしれません。(勉強しようと思ったら上長からこっぴどく怒られましたw)
友人を勧誘のターゲットとして捉えていなければ、今頃はもっと豊かな人脈と友好関係が築けていたかもしれません。
週末を顕正会員としてフル活動していなければ、旅行や趣味で充実した週末を送れていたかもしれません。

これからの人生のススメ

過ぎ去った時間を悔やんでいても何も好転しません。
重要なのは「これからの自分」です。

顕正会を辞めた今、自分の人生を有意義でクリエイティブなものにするために
日々の努力を習慣化し
人間関係を尊重し
物質的にも精神的にも価値のあるものを
自分の意志で取捨選択していくべきではないかなと思います。

ではまた

スポンサーリンク

関連記事

もしもドラゴンボールのキャラが顕正会員だったら

3,40代の顕正会員が参考にすべき二冊のおしゃれ本

勧誘の受けやすさは幼少期にある?自身を振り返って見えてきたそのルーツとは

顕正会の中国・四国大会を成功させる3つの方法

顕正会で活動した事により得られるメリット

もしも顕正会が学園モノ青春漫画だったら

コメント

  1. まー

    費やした時間を時給換算したら恐ろしい金額になりそう・・・

    • takacho
      takacho 作成者

      まーさん その通りですよね~;; 見えない出費も含めて浅井会長に貢いでいたという事実。考えれば考えるほど恐ろしい><

  2. まめたろう

    タカチョーさん、はじめまして。
    元・顕正会員の、まめたろうと申します。
    顕正会の活動をやめて、だいぶ経ちますが
    活動時期は19歳~25歳くらい。社会人の基礎を作るうえでの肝心なときでした。
    大事な時間・お金・人脈・etc…様々なものを失ってしまった、と、今も後悔の念でいっぱいです。
    その反動もあり、中年に差し掛かった今、
    資格取得のための勉強や、人生で役に立ちそうな本を求めたり
    twitterで情報を仕入れたりしています。
    元・顕正会員のみなさんのブログを読ませていただく中で、
    自分の中のモヤモヤが晴れていくのがわかります。
    周囲にはこの話を客観的にできる人がいないので…。
    現代のネット社会にも感謝しています(‘ω’)
    わたしも、自身の雑記ブログの中で、活動経験談ややめるきっかけなどの話を
    書いていこうと思います。
    …長々とコメント、すみません(^^;)

    • takacho
      takacho 作成者

      まめたろうさん
      コメントありがとうございます。返信が遅くなり申し訳ありませんでした。
      社会人としてこれからという時に活動されていたんですね。
      その無念さは痛いほど分かります…
      おっしゃる通り、ネット社会だからこそ目を覚ます機会が増えているように感じますね。
      アウトプットは自身の殻を打ち破る上で非常に有効な手段です。
      お互いに頑張ってまいりましょう!!

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。