かつての仲間の相談にのってきました。


スポンサーリンク

風呂あがりの豆乳が欠かせないタカチョーです!どうも!

本日はTwitterで投稿していた通り、顕正会員当時に受け持っていた班員さん(以下:Kさん)と久しぶりに会ってきました。

私が顕正会を脱会してから三年半ほど経ちますが、Kさん自身、私が脱会した事すらしらなかったようです。

その間で地元顕正会で起きた事などを聞くと共に彼の信仰上の葛藤を聞く事が出来ました。

顕正会歴20年以上のkさんの悩み

平成5年頃に顕正会に入会したKさん

今でこそ活動地域には県内に三箇所の会館があるのですが、その当時は自宅拠点しかなく毎日膝詰めで教学研鑽や真剣な折伏活動に明け暮れていたそうです。

Kさんいわく「今とは比べ物にならないくらいの教学だった」との事。

またこの当時の幹部には例え浅井会長の言う事であっても間違える事があるという気構えで指導を捉えていたようです。

そんな信心強盛な幹部で構成された組織も少しづつ変わってきました。

ちょうど平成10年頃に全国的に顕正会会館が続々と建設されてきた辺りから
男子部長の突然の交代に始まり、上層幹部による組織の私物化、指導の変化、教学に対する軽視といった一連の流れに得も言われぬ気持ち悪さを感じるようになったとの事です。

そんな中、自分でもネットで調べていくうちにとあるサイトの解説記事を見て衝撃を受けたそうです。

それが「亡国の坂道」さん。

中でも、御本尊様の複写の件があまりにも明確で決定的だったようでKさん自身が顕正会に違和感を感じ始めた頃と重なり、非常に納得したとの事。

今では顕正会の会館に参詣するのは年に数回程度で、なるべく人目につかない時間帯を狙っているそうです。

広布御供養や新聞購読の時期には幹部からは連絡はくるもののそれ以外は特に熱心に指導されてはいない様子。

上記の御本尊様の件が気になってしまい、顕正会でまともに信心が出来ないと言っていました。

先輩として背中を押す

私自身、今はそれほど熱心な信仰をしている訳ではないので偉そうな事は言えませんが、Kさんの正しい仏法を求める心は痛いほど伝わってきました。

そこで私と同じように、一応のけじめとして日蓮正宗の寺院を訪ねてみる事を促すと、
いつかは(お寺に)行くと思う。でももう少し吟味して自分なりに納得してから
と言っていました。

おそらくそう遠くない未来に実現すると思います。

まとめ

顕正会員でも入信が古い(昭和もしくは平成1桁台)方は、ここ数年の信心活動に疑問を感じているケースがあるという事。

また、そういった方からしてみても「浅井先生絶対」という言葉には異常さを感じている。

さらに御本尊のコピーの実態を知れば、全てが一本に繋がります。

ただ、多くの顕正会員は情報を遮断されているため、真実に到達する事が非常に困難です。

だからこそネットでの情報公開がとても重要です。

顕正会に騙されて、人生を棒に振ってしまっている会員こそしっかりとした事実を受け止めるべきではないでしょうか?

ではまた。

スポンサーリンク

関連記事

顕正会のコピー本尊と幹部の対応

顕正会の上長による偏った勤行の指導とその根拠

1名の為に死力を尽くす無謀すぎる結集の戦い

教学と膝蹴りが得意だった支隊長の話

A部長が顕正会に入信した理由

顕正会員が副業をすると先輩幹部に怒られる理由

コメント

  1. ミミ

    こんばんは!朝一番の熱いコーヒーが欠かせないミミです!
    平成5年だと、現在の構成員の中ではかなり古株に入りますね。
    特に入信の古い方だと信仰を教学ベースで捉えているので、本尊複製の問題は深刻に受け取る傾向があるのだと思います。
    創価の大石寺の戒壇本尊を信受の対象から外した件は、会員をふるいにかけて、古い考えに拘る人間を排除しようといった目論見が真意だと思うのですが、
    これは顕正会も同様。
    会の運営上、浅井さんに全き忠誠を貫ける人間以外は問題因子となるため、本尊疑惑が会員たちの中へ浸透していくのを見て、あえて弁明するよりも、静観している方が返って理に適っているのかもしれません。
    まぁクソだと思いますけどね。
    正常な人が辞めれば、それを見た正常な人も辞め、芋づる式で最終的には浅井大好き人間ばかりが残るという結果に。
    奴らが今よりももっと大きな社会問題を起こす可能性もあるので注意して見ていきたいですよね。

    • takacho
      takacho 作成者

      ミミさん コメントありがとうございます!

      朝一のコーヒーは堪りませんよねー!
      相変わらずの鋭い考察に敬服いたします。
      仰るとおり、最終的にSHOEIのイエスマンしか残らずそこには完全に邪教化した姿があるんでしょうね。
      今後の活動に巻き込まれる真面目な会員達が本当に不憫ですね。

  2. なかさん

    はじめまして。コメント失礼いたします。
    私は平成8年に高校の同級生から折伏され入信、初めは誘われるがままにビデオ放映などに参加していたのですが、折伏理論書など教学を学びはじめ徐々にのめり込み、以来活発に活動しておりました。
    活動から離れ、しばらくの間は休みの度に電話がかかってきたり家に上長が訪ねてきたり、新聞が送られてきたりとありましたが、その頃丁度結婚して都内から地方へ引っ越したのでそのまま音沙汰はなくなりました。
    今現在は結婚16年目を迎え、4人の子供にも恵まれ、裕福では無いにしろ賑やかで楽しい生活を送っております。
    今思い起こすと、おかしなことをしていたと思います。高校の同級生、中学の同級生、小学校の同級生などみんなに声をかけ、声をかける相手がいなくなれば学校の先生、幼稚園の頃の同級生など手当たり次第折伏しまくりました。友達との約束よりも会合を優先し、悪評が悪評を呼び、クラス全員に無視されるようになりました。おかげで修学旅行も欠席。
    親にも迷惑をかけました。会合で夜遅くなり、父親に殴られました。当然です。高校生が夜中の2時に帰ってくるんですから。
    祖父のお葬式にも出ませんでした。それどころか、かんぎょう書(漢字忘れました)を祖父宅に届ける始末。
    折伏が進まなければ上長にシカトされ、やらない人はタヒんでしまえばいいのにと言われました。
    退転した班員さんに、地獄に堕ちるよ!と、酷いことを平気で言っていました。
    今、すごく当時のこと思い出すのです。
    あの日々はなんの為だったのでしょうと。。。
    学生じだい、本来なら一番楽しく輝ける時期を1つの事に集中しすぎて無駄にしてしまいました。取り戻せるのなら取り戻したいです。
    すいません、何を言いたいのか自分でもよくわかりません。訳のわからないコメント申し訳ありません。
    誰かに話したくて、話したくて仕方がなかったんです。
    失礼いたしました。

    • takacho
      takacho 作成者

      なかさん、はじめまして! そしてコメントありがとうございます!

      学生時代に顕正会に入信されてたんですね。
      私も10代の学生時代に入信したのでその気苦労、お察し致します。。。

      今現在はお幸せな家庭を築かれているようで何よりです。
      仰るとおり、活動時期を後で振り返ってみると本当にバカな事をしていたなと感じますよね。
      こちらは開き直って当時の事を知る友人と笑い話にしております。(笑)

      悩んでいても過去の過ちはどうしようもありません。
      大切な事は「過去を踏まえて未来に活かす」事です。
      なかさんのこれからの人生では家族を大切に、間違っても顕正会のような団体にかかわる事がないように注意しながら自分の人生を歩んでいく事が一番ではないかと感じます。

      こちらのコメントでよければまたいつでも吐き出していただいても構いません。
      そうする事でなかさんが少しでも楽になるのであれば幸いです。

      • なかさん

        ありがとうございます。
        時々こちらに寄らせていただきます(^^)

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。