photo-1421940943431-d392fcc1079f
顕正会員の頃は知る由もありませんでした。


私が顕正会を脱会して間もない頃、少しでも顕正会についての情報を得ようと毎日のようにインターネットで検索しておりました。
それが結果的に宗門で御授戒を受ける事に繋がるのですが、今回はそのきっかけの一つである「六根清浄の功徳」についてのお話です。

六根清浄

以下、引用が多くなりますがご了承ください。

仏法では、衆生の苦悩の原因を迷いの生命の根源である煩悩から引き起こされるものと解明しています。その衆生の迷いの生命を浄化し、悪い性<さが>を断ち切るという果報が、まさに「六根清浄」の功徳なのです。
 六根の「根」とは、草木の根に譬えられ、私たちの生命が周囲のものを取り入れたり、認識する能力のことで、眼根・耳根・鼻根・舌根・身根・意根の六つの器官をいいます。

続いてそれぞれ「六根」とは・・・

    眼根とは、視覚能力・視覚器官。
    耳根とは、聴覚能力とその器官。
    鼻根とは、嗅覚能力とその器官。
    舌根とは、味覚能力とその器官。
    身根とは、触覚器官としての身体とその能力。
    意根とは、前の五根によって得られた内容を統合判断する思惟能力、または知覚

との事です。

この六根が煩悩に覆われていると、外界の事象を正しく認識できないばかりか、それにともなう行動も誤ったものとなり、苦しみの原因を作ることになるのです。

「六根が煩悩に覆われている」、つまり餓鬼界の欲望肥大の目で見れば、穏やかな生活よりも常に「カネ!カネ!」といった認識となりそのまま行動する事で自分が「カネ」に困るような結果となるといった所でしょうか。「ウシジマくん」に出てくるパチンコ依存症の人を想像してしまいました。

そういえば顕正会は常に「数字!数字!」にこだわるあまり人間性が欠如した大幹部が多かった気がします。

その他にも「怒り」「愚痴」「慢心」等も顕正会の中にはよく見受けられていましたね。→とある女子部幹部の仏弟子らしからぬホンネ

そして、日蓮正宗で正しく信仰していくとこの六根がどのように変化するのかについて

    眼根の功徳—すべての事象が明らかに見え、物事の因果を正確に知ることができる。
    耳根の功徳—あらゆる音声から、実・不実を聞き分けることができる。
    鼻根の功徳—あらゆる臭いを嗅ぎ分け、分別を誤ることがなくなる。
    舌根の功徳—勝れた味覚を持ち、さらにその声は深妙となり、聞く者を喜ばせることができる。
    身根の功徳—穏やかで健全な身体となり、外界の刺激に適合させ、自身を処することができる。
    意根の功徳—心は清らかに、頭脳は明晰となり、智慧が深くなる。

 すなわち、六根清浄とは六根にそなわる煩悩の汚れが払い落とされ、物事を正しく判断できる智慧を得ることをいうのです。
 たとえば目が不自由であったとしても、妙法受持の功徳によって、肉眼以上の慧眼・法眼・仏眼を得ることができるのであり、このような功徳は他の五根にもつうじていえることなのです。

実際に体験してみた

私事ですが、日蓮正宗で唱題を挙げて最初に感じた功徳が「御本尊様のお姿がハッキリと見える」事でした。
顕正会の会館にある御本尊はなぜか最前列の正面に座っても霞んで見えたり焦点が合わなくなったりしていましたが、この眼根の功徳を知って妙に納得がいきました。
ちなみに私以外にもそのような事例はモトケン界隈で聞いた事があります。

御授戒以来、日々の五座三座の勤行とお寺での唱題行に励んでおりますが、生活上・仕事上でも常に思考がスッキリと冴え「これが六根清浄の功徳なのか」と感激しています。
今後も更に励む中に自分自身が磨かれていくものと確信しますね!

顕正会を脱会した後、無宗教で過ごす期間が二年ちょっとありました。
やはり間違った信仰を捨てたと言っても、それまで積んでしまった罪障が消えるわけではありません。
もとの自分の宿業を背負った生活になります。むしろ罪障を積んでしまった分ツライ人生になると思います。
自分自身がそうでしたからね(;´д`)トホホ…

そこで勇気を出して真の仏法が実践できる宗門の寺院に足を運ぼうと決心したのです。
「自分の宿業を変えたい!六根清浄の功徳を頂きたい!」とその思いだけで行ってみて正解でした!

再来月には登山があります。先輩いわく「御開扉受けちゃったらもう人生勝ち組っすよ!」との事!
ありがたいですね!希望が湧いてきます!!
是非とも今後も出来得る限り精一杯信心を頑張っていこうと思います!

ではまた

関連記事

清水富美加にみる新興宗教二世の苦悩と共通点

お金がかからない宗教=正しい とは限らない

食事の重要性と扶養茶寮の関係

「君の名は」と顕正会の意外な共通点

出来るだけ安全に転職する為に必要なたった1つの方法

人生を取り戻した人が考えるべき仕事についてのあれこれ

コメント

  1. いおなずん

    お久しぶりです。
    乃木坂46のまいやん推しメンのいおなずんです。

    功徳とは、六根清浄の果報なり。
    正にその通りだと思いました。

    人から良く見られるには、まず自分が変わらないとね。

    その自分が変わった姿を周りがみて、職場等で信用され、昇進や昇給して収入が増えたりとか。

    面接でも、言葉使いがよくなったりとかして、好印象を与えることで合格したりなど

    このようなことが本当の功徳ではないかと

    そう考えると、六根清浄こそ、その人の幸せの入口になるのではないでしょうか。

    • takacho
      takacho 作成者

      いおなずんさん コメントありがとうございます!

      乃木坂46は生駒ちゃん推しですどうもどうも。

      「六根清浄」という言葉自体、顕正会を離れてから初めて知りました。
      顕正会内部では洗脳によって常に数字を追い続ける奴隷にさせられるだけですからねー;;

      おっしゃる通り、人として真の幸せの入り口がこの六根清浄だと思います!
      正しい生き方を掴めて、今は本当に有難いですね。

  2. 六道仙人

    私の稚拙なブログにコメントありがとうございます。タカチョーさんもブログされていたんですね。

    こちらのブログ拝見させて頂きました。功徳とは六根清浄の果報なりとは、日蓮正宗では有名ですが、ここまで勉強されているとは驚きました。こちらのほうにもお邪魔させて頂きたいと思います(^_^)

    宜しくお願いします(^_^)

  3. 六道仙人

    追加ですみません。私のブログにコメントありがとうございます。タカチョーさんのブログ少し拝見させて頂きました。

    スゴいです。タカチョーさんのブログもう文章が簡潔明瞭で分かりやすいですね。もう自分のブログとは全然違います。
    自分のブログがいかに稚拙であることか…、恥ずかしくなってきました。

    こちらのほうに度々お邪魔して、勉強させて頂きたいと思います(^_^;)

    • takacho
      takacho 作成者

      六道仙人さん コメントありがとうございます!

      いえいえ、他のモトケンブロガーの方々に比べたら自分のブログなんてまだまだです>< 
      教学に関しても信心に関してもスタートラインに立ったばかりなので焦らず少しづつ前進していこうと思っています。
      最近更新が滞っておりますが、今後も学んだ事を整理する意味でも書き続けていきたいと思います!

      • 六道仙人

        返事ありがとうございます。自分も同じようなものです。自分も信心も教学もまだまだスタートラインに立ったようなものです。タカチョーさんの言っていることを、そのまま真似している訳ではありませんが、今後は自分を見つめ直すという意味も含めて、これから更新は遅れたりすることは出てくるかと思います。またブログは続けたいと思いますので、ひとつ宜しくお願いします(^_^)

  4. しろつめ草こと元婦人部員

    顕正会ノスタルジア⬅ブログさんで、
    小田原地震の際のペテンが書かれていました。
    社会問題になったようです。

    ご覧の上、拡散下さいませ。

    • takacho
      takacho 作成者

      しろつめ草こと元婦人部員さん コメントありがとうございます。

      小田原地震、懐かしいですね。
      あとで確認してみます。情報ありがとうございました。

  5. もとけん

    浅井は昔原発大賛成だった 上條さんや家電会議さんや樋田さんの編集動画それぞれの突っ込みに笑えてしまいました。樋田さんのごもっとも動画に食い付き動画サーフィン
    さらに、暴力カルト宗教顕正会その実態と邪義破折01~06 妙観講さん編集動画をみて、あら~もうただただ浅井顕正会にはあきれて恥ずかしくなり、思わずこれらを拡散しました次第です。ため息。。

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。