FullSizeRender地下鉄サリン事件等の世間を騒がせたカルト教団オウム真理教と顕正会にはいくつか共通点が存在するようです。





オウムの弁当と顕正会の扶養茶寮

今から16年ほど前に私が東京に住んでいた頃、よく渋谷あたりで「ショーコーショーコー」歌いながら踊っていた怪しすぎる集団、それがオウムでした。

それ以前からテレビ番組にも出演していたり、激安パソコン店や弁当屋を展開していましたね。

オウム真理教が経営していた弁当屋
オウム真理教が経営していた弁当屋

 

こういったお店で働く従業員は、やはりオウム信者だったようです。
24時間宅配サービスとか通常の経営方法ではあり得ないような事も全て「奉仕」という形に置き換えて無償で働かせていたようです。

これって、何かに似ていると思いませんか?

そうです!顕正会の茶寮出仕にそっくりですね!

さすがに「24時間宅配」は無いにしても、茶寮での仕込みは夜通し、交代制で行っていますよね。
さらに茶寮がない地方には他県から顕正会員の車で届けていたりしていました。

弁当だけではなく、会館出仕も同様ですね。
管理主任となると本部職員という扱いですから給料がもらえるようです。
しかし、拘束時間や休日を考えるととても十分な額とはいえません(実際に明細を見せてもらった事があります)

男子部有志による会館衛護も同様です。
スーツ姿で平日は夜3時間、日曜日は交代で一日中、会館の前で警備に当たります。
これも「悪い輩から会館を護るため」という名目で行われている為、当然無給です。

危険な終末思想とマインドコントロール

オウムは、危険な思想の元、実際に事件を起こしたり武器の製造、毒薬や細菌兵器の研究等、誰がどう見ても危険な集団だと分かります。

浅井会長も以前、「オウムは宗教という皮を被ったテロ集団である」と言っていました。

しかし、顕正会内においても間接的に「戦争」を連想させるようなものは多いと思います。

軍歌を改造した会歌「遺命重し」、冨士軍楽隊の名称、男子部の組織名、合宿研修会における集団演舞と行進…etc




また、オウムはヨガ教室を装って大学生を勧誘し、その後LSDを飲ませて幻覚やまやかしの超常現象等で洗脳していたようです。

一方、顕正会では、最初に宗教の話というのを伏せて食事に誘い、「お金がかからない」「必ず功徳がある」と称して勤行を実践させ、いつのまにか仏法よりも浅井会長を崇拝するようにマインドコントロールしています。

世間一般の常識からかけ離れ、自分で考える事を放棄してしまった生き方は、ただ闇雲に自分の人生を消耗するだけです。

あなた自身の人生をあなた自身の努力で切り開いていくからこそ本当の幸せが掴めるのではないでしょうか?

ではまた

関連記事

清水富美加にみる新興宗教二世の苦悩と共通点

お金がかからない宗教=正しい とは限らない

食事の重要性と扶養茶寮の関係

「君の名は」と顕正会の意外な共通点

出来るだけ安全に転職する為に必要なたった1つの方法

人生を取り戻した人が考えるべき仕事についてのあれこれ

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。