271102pic

いよいよ明日(11/3)に開催されるようです。



南東北大会についての情報まとめ

最終段階(?)を突っ走る顕正会にとって意義重大な(?)南東北(?)大会がついに開催されますね。

今まで集まっている情報を簡単にまとめてみました。

日時:11/3(火)正午より

開催場所:グランディ21 宮城県総合運動公園(〒981-0122 宮城県宮城郡利府町菅谷字館40−1)

大きめの駐車場がいくつかあるようですのでお車でお越しの方も安心ですね。

すぐ側に住宅街がありますので大会に参加される方は地域住民に迷惑をかけないように最新の注意を払ってください。

当日は地域の方から注目されるかもしれませんがそれは「尊敬」の眼差しではなく「好奇」からくるものですので勘違いなさらず(^_^;)

本当に「南東北」の会員だけなの?

ここが本当に疑わしい所です。過去の例から考えて南東北三県以外からの結集も当然あるでしょう。

というか私自身、南東北三県には該当しない東北地方在住ですが、現役最後あたりの指導に将来的にこの大会を目指して頑張ろうみたいなのがあった気がします。

噂によると、北海道からはるばる駆けつける人もいるとか…。

さらに法華講員として参加する方は自動的に謀略部隊と見なされるそうです。相変わらずですね(;´д`)トホホ…

どんな話が出るのか。大して期待せずに待とう!

逮捕事件についての講演とかあるのかな?と思っていましたがたぶんないでしょうね。

現役活動家顕正会員は逮捕事件をこのように捉えている

話は少しそれますが、先日、現役活動家顕正会員とメールでやり取りしていた際、

未成年誘拐事件について何か御指導や通達がありましたか?と質問してみました。すると、

「タカチョー君はいつのまに魔民になったんですか?学会の謀略じゃないですか?(笑)悪は多けれども一善に勝つことなし。」

との返答でした。

推測するに、この一件について詮索する事自体「魔」とみなし、会内には「学会の謀略」として信じこませ思考停止に陥れるやり方はいつもの顕正会のパターンですね。

本当に国を救い人を救う団体であれば、この機会に会員が犯してしまった未成年誘拐という一般的な罪を世間に謝罪すると共に、会内に正しい情報の周知徹底と真っ当な法の説き方を指導し、正々堂々と布教に励むべきではないかと思います。

 

ではまた

関連記事

顕正会員の心の闇に効く!前向き思考「マインド」の予想外の効用とは

もしもサンシャイン池崎が折伏成果発表したら

もしもブルゾンちえみが顕正会員だったら

清水富美加にみる新興宗教二世の苦悩と共通点

お金がかからない宗教=正しい とは限らない

食事の重要性と扶養茶寮の関係

コメント

  1. (T_T)

    はじめまして。
    私も、南東北三県に該当しない東北地方に住んでおります。
    私自身まだ、顕正会員からの被害はありませんが
    身近に、顕正会の会員が数名おります。
    その方たちを救ってあげたいという気持ちと
    未会員の方々の身の安全を守りたいとゆう気持ちで
    顕正会の数々の悪行を、もっともっと世間に知ってもらい
    顕正会が正しいとコントロールされている方々が
    一刻も早く、間違いに気づくことを願っています。

    • takacho
      takacho 作成者

      (T_T)様

      はじめまして!コメントありがとうございます!
      顕正会員は活動にのめり込む程人間性が毒されていき、世間の常識が通用しなくなってしまいます。
      彼らを目覚めさせるのに一番良いのはアンチ顕正会ブログの記事を読ませる事です。最近だと「幻の総支隊長のブログ」がかなり強力だと思います。
      下手に説得しようとすると却ってヒートアップさせる事になってしまうので、絶対に入会の意志はない事を言い切るのが大切だと思います。
      顕正会が言う「功徳・罰」や「国家破産・国が滅びる」というのは幻想にすぎません。

  2. おーい刑事君

    ここ数年で男子部 女子部 婦人部の大きな大会は終わり今年は地味に南東北大会です。かつてのような 合宿 体育祭 文化祭もなくなり 経費面もあって縮小路線に入ったのかも。名目会員は微増しても、活動家の数も変わらないし その人数で安定路線を組んで次男に引き継ごうという感じですね。新教学書などで地味に稼いで子や孫の生活だけでも 守ろうという魂胆だろうか?今は会員にもスパルタ路線から 温和な路線に変わりつつあるようなことも聞きましたし、オーナー企業が先代から息子になると 採算の合わない 子会社 営業所を撤退するのと同じような気がします。もちろん国会誓願 広宣流布などやる気など無いでしょう。 

    • takacho
      takacho 作成者

      おーい刑事君様

      コメントありがとうございます!
      そうですね、自分が活動してた頃は毎年合宿が開催され、かなり盛り上がって楽しかった気がしますが最近のはホント地味ですよね。
      まさに仰る通り、かつて掲げていた大ロマンなど何処吹く風と言わんばかりの縮小路線で細々と浅井一族の飯の種として継続していきそうですね。
      長年、会に連なっている幹部が可愛そうです。

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。