photo-1430760814266-9c81759e5e55

 

所属していた組織の隊長の富豪っぷりと驚きの折伏方法について





実業家の隊長、だが成功したのは入信前

会館のある中心地から車で一時間ほどの所にその方は住んでいます。

そのご自宅には御本尊様もお預かりしている為、

入信勤行用の拠点としても活用されていました。

年齢は私より20歳以上年上で、見た目はとてもダンディなちょいワルおじさんといった感じでした。

何より、自ら会社を起こし長年経営者として活躍されている為、かなりのお金持ちです。

幹部数人でミーティングを行う時などは必ず全員分おごってくれる気前の良さ!

やはりお金持ちは心にも余裕があるようです。

「貧すれば鈍する」とは末端顕正会員のためにあることわざのような気がしてきますね。

とにかく、その方は顕正会の幹部としては珍しいタイプだったと思います(笑)

しかし、そのありあまる経済力は入信以前に起業した事業が成功しただけのもの。

さらに、入信後に一度詐欺グループに騙されたり、

幹部に昇格した後も、「最近は経営が怪しくなってきた」とボヤいていました。

信心した事による加護というよりただ単に経営手腕と日頃の努力の賜物なんだと

その方の言動を見て学びました(´∀`)b




まるでネットワークビジネスのような折伏

上に書いたとおり、ご自宅が自宅拠点でしたので

ドライブしよう!と誘いつつ、ご自宅にお邪魔して即入信勤行といった流れがよく使われました(;´д`)トホホ…

上長はそれを「黄金パターンだ!」と絶賛しておりました。

確かに、お金持ちの家だけあって、広大な敷地に立派なお屋敷が建ち、

さらに大型ガレージ内にはジェットスキーや大型バイク数台、マニアックな作業台、ジェット付きパラグライダー等

一般の人が見たらこりゃ凄いと思うようなものばかりありました。

隊長は折伏において「君も仏法を実践すれば俺のようになれる!(豪華なガレージを指さしながら)」

と慢心にも似た態度でタバコを吹かしながら言うのがお決まりでした。

でも、その趣味の数々って入信前だよね?

というツッコミ所はありますが、多目に見てあげましょう(笑)

ある意味、人間頑張ればここまで楽しく自由に暮らせるのだと

人としての可能性を見出すにはよい経験だったのかなと

前向きに捉えています。

顕正会では、今は貧乏でもしっかり御奉公していく中に広宣流布した後には宿命転換して大富豪になれる

というような指導がありました。

数だけを追い求めた中身の無い折伏活動で、広宣流布になる事はありえません。

自分自身の目標を見定めて計画的に努力していく事が何より大事なのではないでしょうか?

 

ではまた

関連記事

顕正会のコピー本尊と幹部の対応

顕正会の上長による偏った勤行の指導とその根拠

1名の為に死力を尽くす無謀すぎる結集の戦い

教学と膝蹴りが得意だった支隊長の話

A部長が顕正会に入信した理由

顕正会員が副業をすると先輩幹部に怒られる理由

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。