photo-1436874555419-bb64221c5c1d

 

顕正会が言う「救う」とは一体何なのか?

慈悲という名の束縛


顕正会に入信し、勤行が身についてきた頃、先輩幹部に折伏(勧誘行為)を実践するように促されます。

もしそこで勇気が出ないからやりたくないと断った場合、このように指導されます。

先輩幹部「折伏は宗教の勧誘じゃない。他人を救って国も救う最高の慈悲の行為なんだぜ!さあ、おれと一緒にレッツ折伏!!」(゚∀゚)b

ただ言い方変えただけで結局勧誘でしょ?というツッコミはおいといて・・・(;´∀`)

この「他人を救う」「慈悲の行為」という所がポイントです!テストに出ます!(笑)

小池一夫さんの本質を突いたツイート!

こちらのツイートをご覧ください。

最も危険な思想は悪ではなく、正義。

なぜならば、正義には罪悪感というブレーキが効かないから。

ということは、「これは相手にとってプラスになるんだ!」と思えば何回でも勧誘するし、

「困っている相手を救うには今しかない!」と思えば深夜だろうが早朝だろうが家に押しかける事もありうる訳です。

これを恋愛で行えば「ストーカー」ですし、

顕正会員が行えば「迷惑行為」になる訳です。

師は針、弟子は糸。そもそもの発端は浅井会長の暴走

末端の顕正会員がこれだけ迷惑行為をしているという事は当然トップもそうな訳です。

詳しくはこちらをお読みください。

【冨士大石寺顕正会について 報恩坊公式サイト】「上記は昭和49年の日蓮正宗機関誌「大日蓮」の一部分です。顕正会とは…」

浅井会長の除名理由は「不当」でもなんでもありません。文字通り「暴走」が原因なわけです。

浅井会長がシャアだったら「認めたくないものだな、若さゆえの過ちというものを・・・」とか言って誤魔化したいレベルだと思います。

顕正会が国を滅ぼす大暴走

暴走した師匠が作った歪みは時間を経るごとに大きくなっていってるような気がします。

「他人を救い国を救う慈悲の行為」だと信じて一所懸命実践している顕正会員が

「自分を不幸にして国を滅ぼす要因」になっている事に気付ける日がくる事を切に願っております。

 

ではまた

関連記事

顕正会の中国・四国大会を成功させる3つの方法

顕正会で活動した事により得られるメリット

もしも顕正会が学園モノ青春漫画だったら

顕正会員の心の闇に効く!前向き思考「マインド」の予想外の効用とは

もしもサンシャイン池崎が折伏成果発表したら

もしもブルゾンちえみが顕正会員だったら

コメント

  1. おーい刑事君

    顕ショー会はあくまで勧誘ですよね!折伏じゃーないですよ。教義理論はなにもないですから。私も入信一年後くらいから「刑事くんも折伏しようよ 同級生でも 職場の友人でもいいからさー」でも逆縁ばかりで「刑事君は取り引信心だからだめなんだよ」って言われましたが「信仰で幸せになるって言われたじゃん!」と突っ込みたかったんですが(笑)暴力振るわれそーなんでいわなかったです。なにせ無茶くちゃでしたね。正月の教義試験も「御書の勉強もしたいから3年くらい試験は受けないです」と先輩にいったら「出る予想問題は教えるから受けて」ですから 御書が基本のはずが御書無視ですし 浅井大先生は幹部会で「予想問題を教えるのは、よそう」と親父ギャグをいってましたし すげー団体団体でした。

    • takacho
      takacho 作成者

      おーい刑事君様

      そうですよね、幸せになるために入信したのにそれを願うのはダメだとか無茶苦茶でしたね。
      自分も教学試験の時に「後輩と信心深める為に御書をしっかり学ばせてください」と上長に申し出たところ、「御書はいいから折伏を進めろ!」と一喝されましたね。
      オヤジギャグ寒すぎて凍えそうですよねー(笑)

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。