前回の記事の捕捉のようなものです。
kt9ckzwefcg-blake-wisz今の仕事に

救済措置があるんです

今の職場に不満があって転職したい!でも今すぐ辞めたら金銭面でキツイし、年齢的にも次の職が見つかるかどうかも分からない!
そんな悩みを持っている人は少なくありません。

ある程度の手取り給料を確保しながら、じっくり時間を作り、将来について考えたり、役立つ資格を取ったりする事は出来ないものか・・・

実はちゃんと救済措置があります。

職業訓練 -厚生労働省-
この中の「公共職業訓練」が特にオススメです。

公共職業訓練を受ける条件は、雇用保険を受給している求職者です。申請は全国のハローワークで受け付けています。

メリット

これを受けるメリットは次の通り

    訓練期間中は、雇用保険にプラスして職業訓練手当が貰える。
    お住まいの場所によっては交通費も支給される。
    1日の訓練はだいたい10時~16時くらいなので自由時間を有効に使える。
    雇用保険の期間が終わっても、訓練期間中であれば雇用保険プラス職業訓練手当の金額が貰える。
    職業訓練を開始した翌月から受給開始。

特に注目して頂きたいのは4番と5番です。
例えば、自己都合で退職した場合、雇用保険を受給できるのは4ヶ月後ですが、職業訓練を開始すると最速で翌月から受給する事が可能です。
さらに勤続年数10年未満の場合、雇用保険の受給期間は90日間ですが、訓練期間がそれより長ければ延長されます。
私自身もこれでかなり助かりました。

実際に受講した内容の資格を活かして再就職するもよし、自由な時間でしっかりと将来の事を考え準備するのもよしです。

経験者は語る

ちなみに私は、それまでの営業職からまるっきり方向転換し、建築CADの職業訓練を受けました。
その甲斐あってか建築事務所に就職が決まりましたが、その後巡り巡って現在のデザイン系の仕事に就くことができました。
あの時、職業訓練を受けて本当に良かったと思います。

自分の人生を自分のために精一杯生きていきましょう!

ではまた

関連記事

清水富美加にみる新興宗教二世の苦悩と共通点

お金がかからない宗教=正しい とは限らない

食事の重要性と扶養茶寮の関係

「君の名は」と顕正会の意外な共通点

人生を取り戻した人が考えるべき仕事についてのあれこれ

顕正会員は知らない真の功徳の意味と素晴らしさ

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。